logo

MS、SAPジャパンなど4社、富士写で64ビットWindows対応「SAP BW3.1」を稼動

ニューズフロント2003年12月15日 15時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテル、SAPジャパン、NEC、マイクロソフトの4社は12月15日、富士写真フイルムが64ビットWindows環境対応の企業情報ウエアハウス、SAP BW3.1システムを同日稼動させたと発表した。同システムは4社の製品を使用し、富士写真傘下の富士フイルムコンピューターシステムが構築/運用を手がけた。

 同システムは、インテル Itanium 2プロセッサを搭載するNEC Express5800/1320Xdと、NEC製SAN対応ストレージiStorage S2300を組み合わせたハードウェア環境をベースに、Microsoft 64bit version Windows Server 2003, Enterprise EditionとMicrosoft Windows SQL Server 2000 Enterprise Edition(64-bit)を動作させ、その上でSAP BW3.1を運用する。

 富士写真がSAP BW2.0B環境からSAP BW3.1へ移行するのに合わせ、富士フイルムコンピューターシステムが作業を行った。その際、Express5800/1320Xdのパーティショニング機能を使ってデータベースサーバやアプリケーションサーバなどの機能を1台のサーバに集約することで、それまで10台あったアプリケーションサーバを、4つのパーティションに集約できたという。

 新システムでは、「64bit対応のインテル Itanium 2プロセッサおよびWindows Server 2003により、広大なメモリ空間を確保した結果、負荷が集中する時期でも十分なシステム性能確保が可能となり、システムの安定稼動を実現できた」(4社)。

 なおシステム移行作業は、既存環境に全く影響を与えずに行えたという。

マイクロソフトのプレスリリース
インテル
SAPジャパン
NEC

-PR-企画特集