BCN総研発表、PC関連店頭市場が年末商戦本番に向け堅調に推移

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BCN(奥田喜久男社長)の市場調査部門であるBCN総研は、「BCNランキング」から、PC関連店頭市場の販売動向をまとめ、11月第3週(11月17日−23日)以降、台数ベースで3週連続で前年を上回り、年末商戦本番に向けて堅調に推移していることを明らかにした。

 年末商戦序盤戦となる10月からの前年同期比推移をみると、10月は台数ベースでは若干前年水準を下回る週もあったが、総じてプラス基調で堅調に推移。金額ベースでも、台数に比べると伸びは小さいものの、前年比増で推移した。

 11月に入ると、一時販売の勢いが止まり、台数・金額ベースともに前年比を下回る状況となったが、11月第3週以降、再びプラス基調に転じ、3週連続前年を上回る実績を達成した。

 BCN総研では、「02年も10月第1週以降、11月はいったん落ち込んだが、11月3週以降12月末のピークに向けて大きく伸びている。03年も昨年と同様の軌跡を描いていることから、年末商戦本番に向けて今後も大きく伸びると見込まれる」と分析している。

 また、カテゴリー別に12月第1週(12月1日−7日)の前年同期比を見ると、台数ベースで100%を超えたのは「携帯情報端末」、「ディスプレイ」、「プリンタ」、「ストレージ」、「PC関連拡張機器」、「マルチメディア機器」、「LANネットワーク機器」、「画像関連機器」。

 さらに、アイテム別では、「PDA」、「液晶ディスプレイ」、「複合プリンタ」、「記録型DVDドライブ」、「メモリカード」、「デジカメ」が好調で、これらのアイテムが市場を盛り上げている。

 なお、PC本体の販売動向についてBCN総研は、「前年実績を下回る状況が続いているが、11月に行ったアンケート調査結果(12月1日発表「冬のボーナスの使い道」)では、ノートPCの購入意向が高く、需要は底固い」と見ており、「年末商戦本番に向けて今後の伸びが期待される」としている。

BCN
「BCN総研ニュースリリース」
「週刊BCN」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加