logo

日立H&L、ホームネットワーク技術を活用した生活サポート事業を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ホーム&ライフソリューション(日立H&L、瀬端 久仁雄社長)は12月11日、ホームネットワーク技術を活用した生活サポート事業「ホラソネットワーク」を開始すると発表した。

 第一弾として、通信アダプタセット(通信アダプタ、リモコンのセット)ネットワーク対応洗濯乾燥機、冷蔵庫、レンジ、ヒートポンプ給湯機の受注を12月12日から開始した。ネットワーク対応エアコン、センサー、照明についても順次ラインアップしていく計画。

 今回の「ホラソネットワーク」は、家庭でのインターネット常時接続が前提条件となっており、日立H&Lでも、システム保守やメンテナンス体制を整える必要があるため、販売にあたっては、全国の販売会社(9社)、システム会社(6社)、サービス会社(8社)を統合して今年4月に設立した日立コンシューママーケティング(日立CM)からエンジニアリングやサービスを含めた提案を行うなど、受注形式の営業活動を行っていく。

 また、同社のインターネットショッピングモール「ホラソ.com」を通じて普及促進を図り、必要に応じてネットワーク機器の受注も行うほか、NECが運営するショッピングサイト「BIGLOBEストア」において、「ホラソネットワーク」対応の各種製品を04年1月から販売開始する予定。

 さらに、電話健康相談の専門会社であるティーペックと提携し、「ホラソネットワーク」の会員向けサービスメニューとして「健康医療相談サービス」を提供する。

 同社では、今後も同・異業種を問わず、より多くのパートナーとの提携、および新たな機器やサービスの開発を通じ、総合的な生活サポート事業を展開していく方針。

日立ホーム・アンド・ライフ・ソリューション
「ホラソネットワーク」
「ホラソ.com」

-PR-企画特集