米マイクロソフト、今月のパッチ配付はなし--準備が間に合わず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Microsoftは9日(米国時間)、今月はセキュリティパッチの公開がないことを発表した。

 研究者によって複数の新たな欠陥が発表されているものの、Microsoftではこれらの問題をまだ調査中で、12月公開分のパッチはないと述べた。

 Microsoftのセキュリティプログラムマネジャー、Iain Mulhollandは、「何もしていないわけではなく、パッチが準備できていないだけだ」と語った。同社ではパッチの品質改善に相当な力を入れており、それがリリースのタイミングに影響しているという。

 Microsoftは10月に、パッチは毎月第二火曜日だけに公開することとし、パッチのリリーススケジュールを規則的にすることを約束している。同社の話では、今月はこのリリーススケジュールをスキップするという。

 しかし、Microsoftには11月終わりに見つかったInternet Explorerの7つの欠陥をはじめ、複数の脆弱性が報告されている。Mulhollandによると、これらについても依然調査中だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加