ソニーと蘭フィリップス、近距離無線通信規格「NFC」が国際標準規格に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーと蘭ロイヤルフィリップスエレクトロニクスは12月8日、両社が共同開発した近距離無線通信規格「Near Field Communication(NFC)」“NFCIP-1”が、国際標準規格ISO/IEC IS 18092として承認されたと発表した。

 ISO/IEC IS 18092には、非接触ICカード技術であるFelicaとMifareの通信方式が含まれており、両者と通信互換性が保障されている。ソニーとフィリップスは、2002年秋から「NFC」の開発について合意し、国際的な普及と発展を目指して、情報通信システムの標準化機関であるECMA Internationalに原案を提案していた。この原案は、2002年12月にECMA-340として登録され、ECMAからISO/IEC JTC1へと提案された。

 NFCIP-1は13.56MHzの電波を用いる近距離無線通信規格。NFCチップが搭載された機器を、双方が特定できる距離(10センチ程度)に近づけることで、相互に認識し合い情報交換ができる。データ転送速度については、106kbps、212kbps、424kbpsから選択可能だ。

 ソニーとフィリップスでは、携帯電話やデジタルスチルカメラ、PDAやパソコンなどへのNFCチップの搭載により、直感的でより簡単に機器の特定とデータ転送が行えるようと、コンテンツの楽しみ方がさらに広がるものと期待している。

ソニーのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加