日立、10円台の低価格RFIDインレットを来春発売

ニューズフロント2003年12月04日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は12月4日、100万個ロット時の単価が10円台という無線ICタグ(RFID)インレット、ミューチップ「印刷アンテナインレット」の販売を、2004年4月1日より始めると発表した。同インレットは、同社のRFIDチップであるミューチップと外部アンテナで構成するICチップ部品。一般的なRFIDインレットに比べ、3分の1から10分の1という価格で提供できるという。

 同社によると、「一般にRFIDインレットの価格は、1個当たり約50円から数百円と高額」である。そのため、「利用が検討されている分野は、高額商品の工程管理や物流管理など、インレットの価格が高くてもそのコストを許容できる分野に限られる」(同社)

 同社のミューチップ「印刷アンテナインレット」では、一般の週刊誌のカラーページなどで使われている印刷技術を応用してエッチングマスクを形成することで、アンテナ形成作業の工程数を減らした。さらに、RFIDチップと外部アンテナの接合に超音波接合技術を用い、接合時の温度を下げることで、耐熱性が高くない安価なポリエチレン製フィルムを使えるようにした。その結果、インレット製造の大半を占める部分でコスト削減を実現し、1個当り10円台という価格を可能にしたという。

 「(インレットを紙やプラスチックに組み込んで作る)RFIDタグの低価格化を実現できることから、服飾品の流通管理、食品のトレーサビリティ、サプライチェーンマネジメントを始め、さまざまな用途での使用が可能になる」(同社)

 また同社は、あらかじめアンテナ部を設けておいた電子回路基板にミューチップをそのまま実装/搭載可能な、ミューチップ「超小型パッケージインレット」も同時に発売する。電子回路基板に実装済みのアンテナ部をミューチップのID番号読み取りに使用できるので、インレットのベースフィルムが不要となる。さらに、標準的なチップマウンタを使って取り付けられるため、ミューチップ「印刷アンテナインレット」同様、10円台という単価を実現できるという。

日立製作所のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加