ソーテック、コストパフォーマンスに優れた大画面オールインワンノート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーテック(大邊創一社長)は11月20日、「WinBook WA」シリーズの新モデルとして、大画面“輝き液晶”搭載ノートパソコン15型画面「WinBook WA2200C5」と14.1型画面「WinBook WA2200C4」を11月29日に発売すると発表した。20日から受注を開始する。価格は、ダイレクトプライスで「WinBook WA2200C5」が12万9800円、「WinBook WA2200C4」が11万9800円。

 新製品は、モバイルIntel Celeron プロセッサ2.0GHz、256MB DDR SDRAM、40GB HDD、コンビネーションドライブ(DVD-ROM&CD-R/RW)を搭載し、インターフェイスやアプリケーションソフトを豊富に備えたコストパフォーマンスに優れたモデル。

 映像をより鮮やかに映し出すことができる大画面“輝き液晶”を装備し、ボディはつやのあるホワイトカラーとシルバーメタリックを組合わせた美しく上品なデザインとした。

 主な特徴は、

  1. PCカードスロット(2スロット)や、USB2.0ポート(3ポート)、IEEE1394端子、Sビデオ出力端子などのインターフェイスを搭載
  1. 年賀状などのはがきが簡単に作れる「筆王for SOTEC」、デジタルカメラで撮った画像を簡単印刷する「デジカメNinja 2003 for SOTEC」、ホームページ作成ソフトやCDラベル作成ソフト、便利な家計簿ソフトや地図ソフトなどを搭載
  1. 最大約4.1時間のバッテリライフと約2.98?の軽量ボディ

 ――など。

ソーテック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加