アップル、MacOS X版「Shake 3」のリテールボックス版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルコンピュータは11月17日、MacOS X版「Shake(シェイク) 3」のリテールボックス版を11月26日からApple Store、アップルソリューションエキスパート各社から販売開始すると発表した。Apple Storeでは11月19日から受注開始する。

 「Shake 3」は、これまで「Mac OS X」、「Linux」、「IRIX」版をフローティングライセンス形式で提供していたが、今回の「Shake 3リテールボックス版」については、「Mac OS X」版のみを提供する。

 新製品には、フィルムグレイン(フィルム粒子)シミュレーションやペイントストロークにおけるトラッキングなどの機能を搭載したほか、ライセンス数無制限のネットワークレンダリングライセンスを付属している。また、SDおよびHDのいずれの外部ビデオモニタでも、コンポジットをプレビューすることができるブロードキャストプレビュー機能が含まれるため、これまでのフィルム、映画製作者だけでなく、放送向け映像コンテンツやビデオの製作者にも、便利に利用することができる。

 価格は、1CPUにつき1ライセンスのインストールができる製品で、61万4800円。年間メインテナンスなしで販売し、サポートは、インストール、起動とリカバリーまでの90日間無償サポートとそれ以降は有償インシデントサポートになる。

 なお、「Shake 3フローティングライセンス版 for Mac OS X」については、購入から1年間の無償バージョンアップとサポートが含まれる年間メインテナンスとともに販売を行っている。年間メインテナンスの価格は14万8800円で、ビジュアル・プロセッシング・ジャパン、加賀電子、およびアップル直販営業を通じて販売する。

アップルコンピュータ
「Shake 3」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加