logo

日本IBMとNTT Com、中堅・中小企業向けERPのホスティング提供で提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBM(大歳卓麻社長)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com、鈴木正誠社長)は11月6日、中堅・中小企業向けERPソリューションのホスティング提供に向けて提携することを発表した。

 今回提供するサービスは、

  1. エス・エス・ジェイ(佐藤祐次社長)の「SuperStream」をベースに中堅企業向けに特化したERPソリューション
  1. NTT Comの100%子会社である米VERIO社のホスティングサービスをベースにした、NTT Comのホスティングサービス「NTT/VERIOパワープラットフォームホスティングサービス」

 ──を組み合わせたもの。

 ERPソリューションをホスティング形式で提供することで、企業では、サーバーやソフトウェア購入による初期投資リスクがなくなり、初年度投資の低減を見込めるほか、システムの保守・運用要員の確保や育成が不要になるとともに、常に最新のIT技術を利用することが可能となる。

 両社の役割としては、日本IBMが自社のビジネスパートナーに同サービスを提供し、パートナーを通じて年内にも販売を開始する予定。なお、ERPソリューションのホスティングによる提供は、同社では初めての取り組みとなる。

 一方、NTT Comは、「NTT/VERIOパワープラットフォームホスティングサービス」を国内各地で提供するほか、アプリケーションプロバイダやシステムインテグレータなどのパートナーとの販売協力を促進することで、同サービスを広く展開していく。

 サービスの内容としては、製造業、流通業を中心とした中規模(従業員数300−500人)のユーザーを対象に、

  1. 会計
  2. 会計+支払管理
  3. 会計+支払管理+債権管理

 ──の3種類のメニューを用意している。

日本IBM
NTTコミュニケーションズ

-PR-企画特集