logo

ソフトバンクBBと日本オラクル、ユーティリティコンピューティング提供に向け協業

ニューズフロント2003年10月31日 15時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクBBと日本オラクルは10月31日、ユーティリティコンピューティングサービスの構築/運用に向けて協業すると発表した。これにより両社は、ATMを経由しないソフトバンクBBのピュアIPネットワークと、オラクルのエンタープライズグリッドコンピューティング技術を組み合わせ、「低コストで大規模なシステムを提供する」(両社)としている。

 同サービス実現に向け、両社は以下に示す取り組みを進める。

  • ユーティリティコンピューティングによるソフトバンクBBのサービスインフラ統合と管理コスト削減:
 サービスインフラと課金顧客管理を統合することで管理を一元化し、運用コストの削減を図る
  • コンシューマー向けユーティリティコンピューティングサービスの実現:
 エンタープライズグリッドコンピューティング環境を利用した、アプリケーションおよびコンテンツのオンデマンドサービスを実現する
  • 企業向けユーティリティコンピューティングサービスの実現と、エンタープライズグリッドコンピューティングによる各種オンデマンドコンピューティングサービスの提供:
 具体的には、社内ファイルシステムの統合支援、カタログなどの印刷/出版支援システム、写真/映像などの保存サービスを提供する
  • ユーティリティコンピューティング環境によるアプリケーション開発環境の提供:
 さまざまなコンテンツアプリケーションサービスの構築を支援する開発環境を提供する

 また両社は、同サービスを共同で構築するために「ユーティリティ・コンピューティング推進室」を設立し、具体的な作業を始める。ソフトバンクBBはサービス実現に必要なネットワークデータセンターを提供し、オラクルはOracle 10g製品の提供や技術サポートを担当するとしている。

ソフトバンクBBのプレスリリース
日本オラクル

-PR-企画特集