エルピーダメモリ、今年度分の生産能力増強資金1700億円を11月に調達完了

ニューズフロント2003年10月28日 15時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エルピーダメモリは10月28日、今年度予定している生産能力増強などを目的とする資金調達が11月上旬に完了する見通しを明らかにした。

 調達金額は合計約1700億円で、その内訳は増資による約660億円のほか、リースなどのデットによる1000億円強。主な出資者は、同社の最大株主であるNEC、日立製作所を始め、米Intelのベンチャーキャピタル部門Intel Capitalや米Kingston Technology、日本政策投資銀行などという。

 エルピーダメモリは先端自社生産ラインの増強を計画している。「この資金調達により、今年度の当初計画である300mmウエハ工場の月産1万6000枚までの能力増強だけでなく、2万1000枚までの増強も視野に入ってきた」(同社)

エルピーダメモリのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加