logo

レッドハット、企業向けLinuxプラットフォームの最新版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドハット(平野正信代表取締役)は10月27日、企業向けLinuxプラットフォームの最新版「Red Hat Enterprise Linux 3」を販売開始した。11月下旬から出荷する予定。

 「Red Hat Enterprise Linux 3」は、より広範なシステム構築に対応し、Intel x86およびItanium、AMD64、IBM zSeries、iSeries、pSeries、S/390など、7つのハードウェア・アーキテクチャにサポート範囲を拡大したほか、

  1. 「Native Posix Threading Library」によって、マルチスレッドのアプリケーションにおいて大幅な性能向上
  2. 大規模なSMP、メモリ、I/O設定に対応するなど拡張性を向上
  3. 単一のコードをベースにすることで、コードの安定性、保全性およびセキュリティを向上

 ──などを実現している。

 これによってユーザーは、デスクトップから大規模サーバーまで、コンピューティング基盤の全域において、オープンソースソリューションのメリットを実感できる安定したOSプラットフォームとして利用することができる。

 同製品は、Red Hat Networkやサービスを含む年間契約の形式で提供する予定で、価格(1年間)は、x86アーキテクチャ向けが3万9800円−19万8000円、Intel Itanium向けが10万8000円−26万8000円、AMD64向けが10万8000円−26万8000円。

 なお、既存の「Red Hat Enterprise Linux」契約ユーザーは、「Red Hat Network」を通じて無償でバージョンアップすることが可能。

レッドハット

-PR-企画特集