logo

楽天とソースネクスト、PCソフトのダウンロード販売で事業提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天(三木谷浩史会長兼社長)は10月20日、ソースネクスト(松田憲幸社長)と事業提携し、楽天が提供するデジタルコンテンツのダウンロード販売サービス「楽天ダウンロード」において、ソースネクストが開発・販売する「ソフト◎プライス1,980円」シリーズのダウンロード販売を開始した。

 「楽天ダウンロード」は、03年4月から開始した電子書籍を中心としたデジタルコンテンツのダウンロードサイト。パソコンソフト、映像、音楽など、コンテンツジャンルの拡大を進めている。今回は、その拡大の第一弾として、ソースネクストの「ソフト◎プライス1,980円」シリーズの取扱いを開始した。

 パソコンを高速化する「驚速」、タイピングが習得できる「特打」、携帯電話のメモリダイヤルを保存、編集できる「携快電話」などのシリーズや、電子地図ソフト「ゼンリンデータコム デジタル全国地図」、文書作成ソフト「直子の代筆」、年賀状作成ソフト「筆休め」などの定番ソフト24タイトルから取扱いを開始し、03年末までに約100タイトルまで拡大していく予定。

 なお、タイピングが習得できる「特打CLASSIC 永久保存版」、暗算力がつく「メキスウ1」、英単語を学習する「特単TOEIC TESTスコア直結ゴキャビル やる気応援版」の3製品については、「楽天ダウンロード」での独占先行販売となる。

 ソースネクストは、03年2月からパソコンソフトの価格を「1980円」にする「コモディティ化戦略」でチャネルおよび販売を拡大しており、今回の業務提携によって、ダウンロード市場への販売強化、および「楽天市場」を利用するインターネットのライトユーザー層を中心にしたパソコンソフトの普及を図る。

楽天
ソースネクスト
「楽天ダウンロード」

-PR-企画特集