logo

カシオ、モバイルプロジェクタ市場に参入、小型化と明るさの両立を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシオ計算機は10月15日、データプロジェクタ市場に参入すると発表した。小型化と明るさを両立したモバイルプロジェクタ2モデルと、400万画素CCD搭載の多目的プロジェクタカメラを製品化し、「CASSIOPEIA PRO(カシオペアプロ)」ブランドで、12月から順次発売する。

 新製品は、

  1. A5ファィルサイズで2200ANSIルーメンを実現した「XJ-350」(43万8000円で12月発売)
  1. B5ファイルサイズで2800ANSIルーメン、縦横自動台形補正、オートフォーカス装備の「XJ-450」(56万8000円で来年2月発売)
  1. 折り畳むとB5ファイルサイズとなり、400万画素CCDカメラの搭載で書類や立体物まで投影できるマルチPJカメラシステム「YC-400」(25万8000円で来年2月発売)

 ――の3機種。

 樫尾和男社長が新製品の発表で会見に臨むのは久しぶりとなるが、プロジェクタ市場に参入する意図を次のように語った。

 「データプロジェクタは今伸び盛りの市場の一つだが、カシオのもっている小型化技術、光学技術の総力を結集、難しい課題であった小型でしかも明るいモバイルプロジェクタを開発することができた。ミーティング、ディスカッションの場などに気軽にもち込むことができ、データプロジェクタの活用範囲を飛躍的に広げるはずだ」

 市場では、液晶方式とDLP方式が競り合っているが、カシオはDLP方式を採用した。「小型化と明るさの両立を狙うために、今回はDLP方式を採用した。しかし、液晶方式も技術がブレイクスルーする可能性はあるので、研究はしている」(高須正取締役開発担当)としている。

 04年度に100億円の売り上げ、05年にはモバイルプロジェクタ市場で30%以上のシェアを目指す。

カシオ計算機

-PR-企画特集