logo

バンダイチャンネル、アニメ配信の有料視聴数が300万話を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイチャンネル(松本悟社長)は、02年10月1日から開始したアニメーション有料配信視聴数で03年9月末日までの1年間で300万話を突破したと発表した。

 同社は、バンダイ(高須武男社長)、サンライズ(吉井孝幸社長)、バンダイビジュアル(川城和実社長)、バンダイネットワークス(大下聡社長)のバンダイグループ4社が設立した会社。

 03年9月末時点で、配信作品53タイトル(総配信話数973話)、提携配信事業者数20社となり、02年10月1日の配信スタートから1年間で累計販売数300万話を突破した。

 好調の理由について同社では、

  1. コンテンツブロードバンドユーザー層と、バンダイチャンネルが配信している「機動戦士ガンダム」シリーズなどサンライズ製作のアニメーションのファン層が一致したこと
  1. “いつでも、どこでも、簡単に”24時間自宅のパソコンでアニメーションを視聴する習慣が浸透しつつあること
  1. 提携配信事業者(インターネット接続会社、通信事業者、コンテンツ配信会社、電力会社など)と連携し、Web上でプロモーションを相互に積極的に展開したこと

 ――をあげている。

 また、バンダイチャンネル、NTT東日本(三浦惺社長)、NTT西日本(上野至大社長)は、02年10月5日から03年9月27日まで毎日放送系列で放送した「機動戦士ガンダムSEED」(制作:サンライズ)を10月21日から、NTT東日本とNTT西日本のフレッツシリーズのユーザー向けに再配信することを決定した。

 さらに、新たなコンテンツ配信先として、携帯電話向けコンテンツサービスの開発も開始。第1弾として、10月2日からバンダイネットワークスがスタートした「EZweb」サービスの「EZムービー」に対応したアニメダウンロードサービス「バンダイ着アニメチャンネル」(105円/1ダウンロード)向けに、サンライズ、バンダイネットワークスと共同でコンテンツ制作・編集を行っている。

 今後同社では、有料配信アニメーションのラインアップや編成を随時更新し強化していくほか、ブロードバンドで初公開となる「OBATM」(オリジナルブロードバンドアニメーション)の製作など、ブロードバンドならではのコンテンツ開発も行っていく。

バンダイチャンネル

-PR-企画特集