アイピートーク、IP携帯電話を使用した企業向け無線LAN電話システム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイピートーク(内藤明彦社長)は10月6日、三菱電機(野間口有社長)およびミヨシ電子(前川泰久社長)と共同開発したIP携帯電話端末を使用した企業向け無線IPセントレックスサービス「モバイルIPTalk」を04年3月から提供開始すると発表した。月額料金は3980円で、端末購入価格は無料。11月から「IPTalk-Pro」代理店および同社ホームページにおいて予約受付を開始する。

 「モバイルIPTalk」は、無線LANで企業内電話システムを構築し、PBXを介さずに構内IP携帯電話によって内外線電話を実現するサービス。拠点間・端末間は通話料無料で、外線通話も格安のIP電話として電話を利用することができる。IEEE 802.11b準拠の無線LANのため、「モバイルIPTalk」同士、「IPTalk-Pro」との通話は無料で、一般電話への通話料は3分8円、携帯電話への通話料は3分59円などの通話料金体系を予定している。

 主な特徴は、

  1. 無線LAN環境にある「モバイルIPTalk端末」に対して、導入企業が自由に決定できる広域内線番号による内線通話
  2. 03や090等の一般電話番号による外線発信
  3. 050番号による一般電話からの着信(10月末以降のNTT東西による公衆着信開始後)

 ――が可能。

 また、「モバイルIPTalk端末」に対し、グルーピング、内線番号管理などのIPセントレックスサービスを提供する。これによって、PBXを設置しないオフィスでも企業内電話システムが構築できるほか、一般の光ファイバーやADSLなどのブロードバンド回線でグローバル固定IPアドレスを必要とせずに提供できるため、低コストで無線のIPセントレックスサービスを実現することができる。

 具体的な事業展開にあたってアイピートークでは、三菱電機、ミヨシ電子とIP携帯電話端末の共同開発を行い、ミヨシ電子に製造を委託する。また、フュージョン・コミュニケーションズ(角田忠久社長)とVoIP基幹網の利用について、アイコム(井上徳造社長)と導入企業の無線LAN環境構築(オフィス内/ビル/構内/敷地屋内外)について、シイガイズ(平山勝啓社長)とはSDカードサイズの省電力無線LANカードの開発について、それぞれアライアンスを結んでいる。

 今後、同社では、新サービスの拡販に注力するとともに、

  1. PHSデータ通信を利用したモバイルIPTalkサービスの提供
  2. 一般屋外での無線LAN環境でのIP携帯電話サービスプラットフォームの提供

 ――において、サービスの拡大を予定している。

アイピートーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加