logo

日本SGI、マルチベンダー環境のインテグレーション事業を強化・拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本SGI(和泉法夫社長)は10月2日、ソリューション・インテグレーション・ビジネスを強化・拡充するための新たな事業方針を発表した。

 同社は、従来から「ブロードバンド」、「スケーラビリティ」、「ビジュアライゼーション(可視化)」をコア・コンピタンスとしたソリューション事業を展開しており、すでにブロードバンド分野において、放送局などのデジタルアーカイブシステムの構築、大手ブロードバンド・サービスのマルチIPキャストシステムの開発、eラーニングなど、先進ソリューションのインテグレーションを展開し、多くの実績をあげている。

 今回、このブロードバンド分野の実績を基に、他のソリューションにおいても同様に、米シリコングラフィックス製品だけでなく、各分野における先端テクノロジ製品を積極的に取り入れ、専門性の高いコンサルティングを含めたシステムの開発・構築を提供していく事業方針を固めた。

 とくにビジュアライゼーション、ストレージ、サイエンスの各ソリューションにおいて、先端ユーザーのニーズに最適に対応し、マルチベンダー環境の多彩なプラットフォームにおいて、コンサルティングから開発・構築、運用・保守サービスまでトータルなソリューション・インテグレーションを提供していく。

 すでに、

  1. NTTデータ三洋システムと裸眼立体視システムでの協業
  2. 松下電工と半球ドーム型映像提示システムの販売
  3. 日立製作所およびブロケード コミュニケーションズ システムズとの国内初のターンキー・ストレージシステムの開発
  4. 京都大学化学研究所(ICR)バイオインフォマティクスセンターとの連携によるバイオ研究システムの構築支援サービスの提供

 ――などを実現しており、今後も独自開発のソリューションラインアップを拡充していく予定。

 なお、新事業方針の発表にともない同社では、10月1日付けで「ソリューション開発推進本部」の新設、「ソリューション・インテグレーション事業本部」の強化などの機構改革を実施した。

 新設した「ソリューション開発推進本部」は、ソリューション事業の企画・開発からプリセールスまでをカバーし、とくに

  1. ビジュアルソリューション
  2. ストレージソリューション
  3. サイエンスソリューション
  4. メディア・ブロードバンドソリューション

 ――の4分野を戦略的にフォーカスしたソリューション事業を展開する。

 また、「ソリューション・インテグレーション事業本部」では、コンサルティングサービスとカスタマーサポートのサービス(保守・管理)の機能を備え、従来の米シリコングラフィックス製品に限らず、広くマルチベンダーの製品も一括して保守サービスを提供していく。

日本SGI

-PR-企画特集