マイクロソフト、Xbox Liveを2カ月間無料で利用できるキャンペーンを開始

ニューズフロント2003年09月26日 15時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月26日、同社のゲーム機用ネットワークサービスXbox Liveを2カ月間無料で利用可能とするXbox Live 2ヶ月無料キャンペーンを実施すると発表した。同社は同キャンペーンに合わせ、Xbox Live 2ヶ月無料カードの配布を行う。

 同カードを使ってXbox Liveサービスに新規登録すると、登録日から2カ月のあいだユーザーは基本サービスを無料で利用できる。従来同サービスを利用するには、Xbox Liveスタータキットの購入が必要だったが、同カードにより同キット購入が不要となる。

 同カードは東京ゲームショー2003のマイクロソフトブースで配布するほか、一部のゲーム専門誌の付録としても提供する。また以下のゲームソフトウェアにも同梱する(かっこ内は発売日)。

  • Brute Force(10月9日)
  • Inside Pitch 2003(Xboxワールドコレクション、10月23日)
  • NFL Fever 2004(Xboxワールドコレクション、10月23日)
  • Outlaw Volleball(Xboxワールドコレクション、10月23日)
  • Sega GT Online(10月30日)
  • Project Gotham Racign 2(11月20日)

 同カードによる新規登録の受付期間は、2003年10月1日から2004年3月31まで。

 2カ月の無料利用期間が終了した後は、

  1. ダッシュボードから操作
  2. Xbox Liveスタータキット購入
  3. Xbox Live 12ヶ月更新カード

 のいずれかの方法で利用期間を更新できる。なおXbox Live 12ヶ月更新カードは、2003年11月20日より4980円で販売する予定。

 ただしユーザーが退会手続きや更新手続きを行わない場合、毎月1カ月分の利用料金680円がクレジットカードに請求されるという。

 また同社はキャンペーン開始に伴い、これまでXbox Liveスタータキットに同梱されていた「Xbox ボイスコミュニケータ」の単体発売も始める。希望小売価格は3500円とする。

マイクロソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加