logo

日本セキュアジェネレーションと日本アイテックス、指紋認証タイムレコーダーを使った業務管理ソリューションで提携

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年07月29日 16時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本セキュアジェネレーションと日本アイテックスは、日本セキュアジェネレーションの指紋認証タイムレコーダーSecuTIME KEEPERと日本アイテックスのウェブ総合人事管理パッケージソフトウェアePro_St@ff(人事/給与/就業/ワークフロー)を統合し、指紋認証ベースの就業管理ソリューションを共同提供することで合意した。日本セキュアジェネレーションが7月29日に明らかにしたもの。

 これまでの指紋認証を利用した出退勤管理システムは、指紋認証対応タイムレコーダーと就業管理システムが間接的にデータをやり取りするので、導入コストが高く、企業向けの改造が困難という。それに対し両社のソリューションでは、パソコンと業務管理ソフトウェアを組み合わせ、専用のタイムレコーダーは使用しない。その結果、カスタム化などユーザーの要求に対応しやすくなる。さらに、「出退勤の管理から人事/給与管理まで一貫したシステムを、パッケージソフトウェアとして低価格で構築できる」(両社)。

 両社は同ソリューションを初年度100社に販売できると見込む。また今後パソコンメーカーと販売活動で協業を予定している。

日本セキュアジェネレーション
日本アイテックス

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]