logo

JPRS、RFC準拠の日本語JPドメイン名登録管理サービスを開始

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年07月10日 16時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本レジストリサービス(JPRS)は7月10日、RFC準拠の日本語JPドメイン名登録/管理サービスの提供を同日より開始した。これにより、Netscape7.1などRFC準拠ブラウザから日本語JPドメイン名の利用が可能になったという。

 JPRSは、Internet Explore用プラグインi-Navを「できるだけ早い時期」(JPRS)にRFC準拠にするという。さらにその後、これまで利用されていたRACE方式のドメイン名をJP DNSの設定から取り除き、RFC準拠のPunycodeで表現されたもののみにすることも予定している。ただし、当面はRACE方式での日本語JPドメイン名の登録も併せて行うため、従来のRACE対応アプリケーションでも日本語JPドメイン名にアクセスできる。

 なおJPRSは、RACE方式の対応停止時期について明らかにしていない。

日本レジストリサービスのプレスリリース

-PR-企画特集