logo

サンと日本シーベル、国内企業のCRMプロジェクト支援で協業

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年06月25日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズと日本シーベルは6月25日、国内企業のCRMプロジェクト支援を目的として、両社の協業体制を強化すると発表した。CRM導入に最適なシステム環境の構築実証をパートナー企業と協調して実施していくという。

 協業体制の一環として、両社のハードウェア/ソフトウェアの組み合わせを検証する施設「iForce Competency Center for Siebel Systems」を開設する。場所は東京都世田谷区のサン本社にあるiForce Ready Center内。

 施設の具体的な目的は、顧客がシーベルのCRMソフトウェア「Siebel eBusiness Applications」を導入する際、サンのハードウェア/ソフトウェアとの組み合わせをあらかじめ検証し、必要となる設定や技術条件を明らかにするというもの。両社の顧客およびパートナー企業は、iForce Ready Center内に設置しているサーバマシンSun Fireシリーズや、Solaris OS、各種ミドルウェア製品を無料で利用できる。

 iForce Competency Center for Siebel Systemsで提供する技術支援内容は以下の通り。

  1. 両社製品に関する専門のシステムエンジニア運営による検証作業
  1. 必要になるサーバの台数や規模をはかるシステムサイジングとコンフィグレーション
  1. ベンチマークテストの実施
  1. デモ環境を利用したソリューションの適合性分析支援
  1. 顧客側のシステム構想を、実際の製品を用いて実証する「Proof of Concept」
  1. シーベル製品の国内出荷前の日本語環境での動作検証
  1. パートナー向けに技術情報を提供する各種ワークショップ

サン・マイクロシステムズ
日本シーベル

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集