logo

米連邦地裁、ベライゾンに再び加入者情報の開示を命じる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦地裁は24日、電話会社の米Verizon Communicationsに対し再度、ファイル交換ソフト「KaZaA」を使ってネット上でダウンロード可能な音楽ファイルを提供したとされる匿名のインターネット接続サービス加入者の身元を米国レコード工業会(RIAA)に開示するよう命じた。今回の判決は今年2月にRIAAが提出したVerizonに対する2通目の召喚状を受けたもので、Verizonは召喚状は憲法上の根拠を欠くとして開示を拒んできた。今回の判決についてVerizonのシニアバイスプレジデントJohn Thorneは、全てのインターネットユーザーがID泥棒やストーカーなどの被害に遭う危険にさらされることになるとし、今後も加入者のプライバシー保護に向け引き続きあらゆる法的手段を講じていくと述べた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]