logo

米ホワイトハウスのセキュリティアドバイザーが辞任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米ホワイトハウスは4月22日(米国時間)、同局でセキュリティアドバイザーを務めていたHoward Schmidt氏が辞任したことを明らかにした。同氏は以前はMicrosoftでセキュリティ戦略のチーフだった人物で、2001年12月に重要インフラ保護委員会(Critical Infrastructure Protection Board)の副会長に推薦され、また2003年2月以降は同局サイバーセキュリティ部門のトップにあったRichard Clarke氏の辞任に伴い、その代理を務めていた。

 アドバイザーとして在籍中は、2003年2月に発表された政府のサイバーセキュリティ計画の起草に尽力した。今年ホワイトハウスでは、Clarke氏にSchmidt氏と、2人のトップ政府アドバイザーが去ったことになる。同局者によれば、Schmidt氏の辞任は一般企業に戻るためだという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]