logo

米国で動き出した電子政府、その展望は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国の新しい電子政府計画E-Government Act of 2002が、何カ月もの準備期間を経て4月17日に動き出した。電子政府の目的は、各行政機関と国民をコンピュータネットワークで結びつけ、必要な情報がスムーズにやりとりできる仕組みを提供することにある。また。このプロジェクト実行のために、行政管理予算局(the Office of Management and Budget:OMG)内に専門の事務局を設置した。

 だが、懸念される問題もある。ブッシュ政権がこの計画を推進するために当初提案した予算は4500万ドルだったが、実際には議会によって500万ドルにまで縮小されてしまった。OMB広報のMike Tothは「この予算減額により、予定ほどには計画がうまく進行しない可能性がある」と話す。

-PR-企画特集