logo

米インテル社員番号No.3、レスリー・バデスが退任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Intel社員番号No.3のLeslie Vadaszが6月1日付けで同社を退社する。Vadaszは世界初のDRAMチップや同社初の汎用マイクロプロセッサの開発を支援した設計チームを指揮し、また同社のマイクロコンピュータコンポーネント部門の技術担当ディレクターやゼネラルマネジャーを務めるなど数々の実績を残した。また1991年に設立されたIntelの投資専門子会社Intel Capitalの社長も勤めていた。なおIntel Capitalの後任社長にはゼネラルマネジャーのJohn Minerが昇格する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]