米国防省、OpenBSD開発向け助成金の一部を引き揚げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OpenBSD開発プロジェクトのリーダーTheo de Raadtは17日(米国時間)、米国国防総省高等研究計画局(DARPA)から拠出されていた同プロジェクトへの助成金の未使用分が同局によって引き揚げられたことを明らかにした。引き上げの理由は不明という。OpenBSDは最も安全性が高いとされるフリーのUNIX系オープンソースOSで、同OSの開発プロジェクトはDARPAから230万ドルの助成金を受けていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加