logo

元ハッカーは企業セキュリティの見張り役に最適か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 15日に開かれたRSA Security conferenceでは、企業のセキュリティ強化のためにハッカーを雇用し、そのスキルを活用できるかがパネルディスカッションの議題に掲げられた。95年にネット犯罪で逮捕され、5年の懲役刑に処された元ハッカーのKevin Mitnick氏が席上、「多くの麻薬中毒者が更正してカウンセラーになるのと同じように、ネット犯罪者もその技術を活かすことができる」と持論を展開。賛否の分かれた激論は最後まで決着がつかなかった。現在、Mitnick氏はセキュリティ会社Defensive Thinkingを立ち上げ、コンサルタントを務めているという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]