logo

UPS、6つのネットワークに接続可能なハンドヘルド機を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小口貨物輸送最大手のUnited Parcel Service(UPS)は15日、同社が開発したハンドヘルド機、Delivery Information Acquisition Device(DIAD)の最新モデルを発表した。このハンドヘルド機は同社の輸送ドライバー向けに開発されたもので、赤外線、Wi-Fiなど4つの無線ネットワークと、CDMA1x、GSM/GPRSの2つの携帯電話ネットワークに接続が可能となっている。

 複数のネットワークへの接続はバッテリーの消耗度が高いため、従来ハンドヘルド機が接続可能なネットワークの数は3つが最高だった。しかしラップトップPCに使用されるものとほぼ同じサイズというDIADのバッテリーは通常のドライバーの勤務時間であれば十分持続可能という。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]