logo

SCO、Itaniumプロセッサ対応のLinux製品を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年3月、IBMを相手にLinuxに関する訴訟を提起し悪評を招いたSCO Groupが4月15日、IntelのItaniumプロセッサに対応したLinux製品をリリースした。このソフトはSCO GroupやSuSEなど4社で構成されるUnitedLinux コンソーシアムが開発したUnitedLinux Version 1.0を基礎としている。

 SCOはIBMとの共同事業、Project MontereyでItanium版UnixWareの開発に取り組んでいたが、IBMはこの事業を一方的に中止しLinuxに乗り換えた。これに失望したSCOはIBMを提訴したが、Linuxコミュニティの一部からの反発を招いた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]