logo

HP、HP-UXのセキュリティを強化するソフトウェアを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は4月14日、同社のHP-UX 11iのセキュリティ機能を向上させる2つのソフトウェアを発表した。1つはBastilleと呼ばれるソフトウェアのバージョン2で、管理者が一定の質問に答えることで、その答え沿ったセキュリティを設定できる。もう1つはInstall-Time Securityというソフトウェアで、管理者はインストール時にあらかじめ設定されたセキュリティレベルを自由に選ぶことができる。両ソフトウェアとも、同社ウェブサイトから無料でダウンロード可能だ。

 またHPは、HP-UX 11iが世界基準のセキュリティ証明であるEAL4-CAPPの認定を受けたことを発表した。これにより同製品は、Solaris 8と同じ証明レベルとなったという。

-PR-企画特集