Safariブラウザに新たなベータ版が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerは14日、Mac OS用Safariウェブブラウザのテストバージョンのアップデート版、Safari Beta 2をリリースした。ナビゲーションタブを使って、複数のウェブページを切り替える機能や、オンライン登録フォームにユーザーの個人情報などを自動的に入力するAutoFill機能などが追加された。またNetscapeやMozillaウェブブラウザのブックマークをインポートすることも可能で、日本語やフランス語、ドイツ語などの多国語に対応している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加