logo

ソフトウェア特許反対運動に年間5万ドルの匿名寄付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxとオープンソース運動の中心的人物、Bruce Perensは、彼が共同設立したOpen Source Initiativeとソフトウェア特許反対運動へのサポートとして、ある匿名の人物から毎年5万ドルの寄付を受けることとなった。Perensなどのオープンソース推奨派らは、ソフトウェア特許が技術標準化の妨げになるとして断固反対している。Perensは年間5万ドルの寄付により、Internet Engineering Task Force(IETF)に対し、標準化技術に特許使用料をかけない方針にするよう働きかけることができる、と述べている。

-PR-企画特集