logo

Samba悪用コードを公開したセキュリティ会社が謝罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UNIXやLinuxなどのシステムでWindowsファイルを共有するためのオープンソースプログラムSambaに重大なセキュリティホールが見つかった件で、それを発見したセキュリティ会社のDigital Defenseは、報告書の中でこのセキュリティホールを悪用できるコードを早まって公開してしまったことをSambaチームに謝罪した。同社は謝罪文のなかで、同社幹部はコードが公開されることを知らされておらず、コード公開を承認してはいなかったと説明し、問題の再発防止策を講じると述べている。

-PR-企画特集