苦戦のソフトメーカー各社が第1四半期の業績を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネスソフトメーカーのChordiant Software、Manhattan Associates、SeeBeyond Technologyの3社は7日、3月31日に終了した第1四半期の売上げまたは利益のどちらか、あるいはその両方がウォール街の予想を下回ったと発表した。3社以外にもSiebel SystemsやPeopleSoftなど数社がすでに同様の発表を行っており、その大半の企業は、世界的な政情不安や景気低迷の影響で取引成立が難しくなったと述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加