logo

スパム識別用の俳句文を無断で使うべからず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大量に送りつけられるスパムメールを識別し、必要なメールだけが受信者に届くようにするサービスを行うHabeasは、商標および著作権を侵害されたとして訴訟に踏み切った。訴えられたのは、金融サービスマーケティング会社Intermark Mediaとその子会社ほか数社。Habeasは、英文の俳句をメールのヘッダ情報に含め、それを手がかりにスパムか必要なメールかを判別するフィルター技術を開発している。数ワードからなる俳句文は同社が著作権を保有するが、それを無断使用されたとして今回の訴訟に発展した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]