logo

エンターテインメント色が強まるホームネットワーキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査会社In-Stat/MDRが1日に発表した予測によると、これまでホームネットワーキング導入の主な目的はネットワークを利用したブロードバンドインターネット接続の共用だったが、今後は音楽、映像、ゲームといった娯楽メディアの利用にシフトしていくという。同社は、ホームネットワーキング市場は今後も成長を続け、年間売上げは2002年の18億ドルから2007年には53億ドルまで増加すると予測する。そして総売上げに占めるメディアネットワーキング関連売上げの割合は、2002年の6%から2007年には49%まで急増すると見ている。

-PR-企画特集