logo

AOLがスパム防止で、一部広帯域サービスの通信を遮断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 America Onlineは、先週から特定のブロードバンドサービス事業者経由で送られてくる電子メールの一部をブロックし始めたと発表した。対象となっているのは、ComcastのHigh-Speed Internetと、AOLの親会社でもあるAOL Time WarnerのRoad Runnerの2つのサービス。同社は、この2つのネットワーク経由でスパムが送られていることを確認しており、特定ユーザーが専用のメールサーバを設置して送信を行っているとみている。

-PR-企画特集