logo

SIP普及に向けて推進するマイクロソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米カリフォルニア州サンノゼで4月1日、IT企業や通信システム企業などによる会議が開催された。Microsoft重役のPeyton Smithは冒頭のスピーチで、音声電話と企業システムが共通のネットワークの元で運用される姿を描き出し、その中心となるのはSIP(Session Initiation Protocol)であり、SIPはすべてを変えると語った。この発言は、同社が数週間前にGreenwichという企業向けのインスタントメッセージング・サーバソフトウェアを発表したことを受けたものだ。同製品では、中心となる技術としてSIPを使用している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]