logo

「デジタル権管理技術仕様への意見求む」--ISMA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple ComputerやAOL Time Warnerなどで構成される標準化団体、Internet Streaming Media Alliance(ISMA)は3月31日、今後2カ月間で新しいデジタル権管理(DRM)技術仕様に対するパブリックレビューの評価をすると発表した。この仕様はストリーミングメディアファイルを暗号化するための新たな枠組みを提供するもので、ほかの鍵暗号化/DRMソリューションとも容易に統合が可能だという。ISMAは2カ月間のレビュー後、6月に製品版の発売を予定している。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集