logo

BEAシステムズ、Javaサーバ製品の新バージョンリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BEA Systemsは31日、同社のJavaサーバソフトウェア/開発ツールスイート、WebLogic Platformの主要アップデートバージョン8.1の初のコンポーネントをリリースした。競争の激しいJavaアプリケーションサーバ市場でシェアを獲得する戦略の一環とBEAでは話している。バージョン8.1のうち、WebLogic ServerとJRockitバーチャルマシンの2つが即時発売になり、残りのコンポーネントは今夏に出揃う見込み。またBEAは、同社のエントリーレベルのJavaサーバ製品WebLogic Expressの価格を1CPUあたり694ドルから495ドルに値下げした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]