logo

日立、55GOPSのメディアプロセッサを提供開始

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年03月31日 16時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は3月31日、メディアプロセッサ、BroadGearシリーズの販売およびサンプル出荷を4月1日より開始すると発表した。Single Instruction/Multiple Data(SIMD)ベースのアーキテクチャに画像処理エンジンを追加することで、同社従来製品の2倍に相当する最高55GOPS(動作周波数370MHz時)の処理性能を達成できたという。

 同プロセッサ1つで、MPEG-2、MPEG-4、JPEG2000、 MP2、NTSC/PAL、IEC958などさまざまなメディア処理機能に対応できる。

 また日立は、同プロセッサ向けのアプリケーション開発ツールキットとして、コンパイラと評価ボードも提供する。またインサーキットエミュレータ(ICE)は、ソフィアシステムズが提供する。

 なお、BroadGearプロセッサの1万個ロット時の単価は1万円。

日立製作所のプレスリリース

-PR-企画特集