logo

HP、「謎の肺炎」SARSウイルス対策で香港オフィス閉鎖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アジアで「謎の肺炎」と呼ばれる重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行していることを受け、Hewlett-Packardは28日、香港にある従業員300人のオフィスを閉鎖し、米国人従業員全員を帰国させるなどの予防措置を講じている。他のハイテク企業は今のところ、HPのような対策は特に行っていない。しかしアジア太平洋地域に大規模な製造設備を持つIT企業は多く、コンポーネントも同地域製のものが多数あることなどから、1999年の台湾地震のときのように、部品不足などの混乱が生じる恐れが懸念されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]