logo

モンタビスタ、組込みLinuxでリコー製フォントを採用

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年03月27日 18時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モンタビスタソフトウエアジャパンは3月27日、リコー製フォントをMontaVista Linuxの推奨フォントとするとともに、今後組込みLinuxソリューションの販売/マーケティングでリコーと協力していくと発表した。

 これによりモンタビスタは、高品質なものから組込み用途に適した低容量のものまで、各種リコー製フォントを組込み機器に搭載できるようになる。一方リコーは、モバイル機器、家電製品、テレマティックスアプリケーションなど、今後成長が見込まれる組込み市場に販路を拡大できる。

モンタビスタソフトウエアジャパンのプレスリリース

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]