logo

サン、自社サーバの不具合について新たな警告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大手サーバメーカーのSun Microsystemsは3月25日(米国時間)、キャッシュメモリ内で発生する不具合により、同社の900MHz UltraSparc IIIプロセッサを搭載した高性能サーバの大半がクラッシュする可能性があると発表した。この不具合について、Sunはすでに今年1月に勧告を発表し、また3月20日に情報の更新を行っている。Sunによると、大抵はエラー修正メカニズムによってこの不具合は解消されるが、複数のエラーが同時に発生するというごく稀な場合にクラッシュを引き起こす可能性があるという。

-PR-企画特集