logo

ソニーの二足歩行ロボットがバージョンアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーが昨年発表した二足歩行ロボット試作品「SDR-4X II」に、歩行の安定性が向上したアップグレードバージョンが登場した。ニ足歩行ロボットは、いったん転がると起き上がるのが非常に難しいが、新バージョンは、転がりそうな状態を検知すると姿勢修正を試み、それがうまくいかない場合は壊れやすいコンポーネントを保護する形に体を丸める仕組みとなっている。また音声認識・文章構成専用CPUが搭載され、語彙も2万語に増えるなど、人間とのコミュニケーション機能も強化され、さまざまな状況の会話により柔軟に対応できるようになっている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集