米Appro、AMDのOpteron採用で超薄型ブレードサーバを計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サーバメーカーのAppro Internationalは、AMDが間もなく発表する64ビットのOpteronプロセッサを用いた超薄型サーバの販売を計画していると発表した。同社は米シリコンバレーに本拠を構える小規模企業だが、DNA解析に用いるようなクラスタ・コンピューティング・システムを販売するプレイヤーの1つである。4月22日のOpteronのデビュー後、5月にも新しいシステム販売を開始するという。同社のシステムは、6フィートの単一ラック内に80台のデュアルOpteronシステムが収まるというもの。16万〜32万ドルの価格を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加