logo

サンの前従業員が雇用差別で同社を訴える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsの前従業員が、自身とアメリカ人の同僚を解雇しておきながら、若くて賃金の安いインド人の労働者を雇ったことは、年齢と賃金の高低での差別を禁じた法律に違反するとして同社を訴えた。訴えを起こしたのは、52歳のWalter Kruz氏で、2000年5月から同社にてソフトウェア・エンジニアのマネージャーとして勤めていた。同氏によれば、会社がアメリカ人の代わりにH-1Bビザ(特殊技能者用就労ビザ)を持つ低賃金外国人労働者を雇ったのは、経費削減のためだという。

-PR-企画特集