マイクロソフト、CRMソフトウェアをASPで提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは3月18日(米国時間)、同社がアプリケーションサービスプロバイダのSurebridgeと提携したと発表した。これにより、Surebridgeの「CRM Online」サービスからMicrosoftの新CRM(顧客関係管理)ソフト、「Microsoft Business Solutions」が利用可能になるという。CRM Onlineの利用料は1人につき月額99ドルで、その他に初期設定料695ドルとMicrosoftのCRMライセンス料(395〜1295ドル)が必要。Microsoftは1月に同社初のCRMソフトウェアを発売し、数十億規模といわれるCRM市場に参入した。同社は従業員500人以下の企業をターゲットとし、Siebel SystemsやSAPなど同市場大手の製品よりも小規模で簡素な製品を提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加