logo

AT&Tワイヤレス、海外通信事業者との契約を拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AT&T WirelessのCTO、Rod Nelsonは3月17日(米国時間)、開催中のCTIA Wireless 2003展示会で、およそ100カ国の無線通信事業者と新たにローミング契約を結んだことを明らかにした。ローミングとは、他社のネットワークを一時的に利用することにより、自社ネットワークがカバーしていない地域でも通話を可能にするサービスで、携帯電話業界の大きな活力源となっている。なお、各契約の金銭的条件については明らかにされていない。

-PR-企画特集