logo

Power5搭載のUnixサーバはIBMの戦略製品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは、64個のPower5プロセッサを搭載したSquadronというハイエンドUnixサーバの強化に力を注いでいる。これは以前Armadaというコードネームで呼ばれていたもので、同社のサーバ4つの製品ライン統合に向けた重要なステップとなる。3月17日のインタビューで同社Unixサーバ事業部のジェネラルマネージャーAdalio Sanchezが答えたところによると、この製品は2004年にも出荷が予定されている。同社のPower5プロセッサは、短期的にはUnixサーバのライバルであるSun MicrosystemsやHewlett-Packerdに対抗するものだが、長期的にはIBM製品を縦断してカバーする戦略上の基礎となるものだ。Powerプロセッサは、現在はpSeriesとiSeriesをカバーするにとどまるが、究極的には同社のメインフレームであるzSeriesもカバーすることが想定されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]